089-927-6688お電話受付時間
9:00~19:00
土日祝も営業中!

News & Topics

お客様の声

2018.08.31

住宅の新築と火災保険

30代夫婦と5歳の子どもの3人家族Sさま/会社員

光さんとは高校のときの同級生で、7年ぐらい前から携帯料金の見直しから、クレジットカードや保険のことまで、我が家の家計のことをいろいろと相談に乗ってもらってます。

自動車保険、がん保険、生命保険、いろんな保険で、安くて良いものをおすすめしてもらってるのですが、最も印象的なのは、火災保険です。土地を購入し、工務店の決定と設計も経て、着工した後、そろそろ火災保険を考えないといけないな、と思って、光さんに連絡させてもらいました。すると、「構造は?」と聞かれて「木造」と応えると、「耐火性能は?」と聞かれ「普通だと思う」と応えました。すると、「まだ間に合うと思うから、工務店さんに「省令準耐火」の基準を満たす建物になるよう、依頼してみて」と言われて、すぐに工務店さんに依頼しました。

実は、火災保険の場合、同じ「木造」であっても、耐火性能によって保険料が半分ぐらいになるということを知りました。「省令準耐火」に変更したことで、建築費用としては10万円以上高くなってしまいまいしたが、長い目で見れば、それよりも十分に保険料が安くなった効果の方が大きかったです。また、設計段階では「耐震性」にこだわってはいたものの、「耐火性」のことはほとんど考えていなかった私にとって、実質的に安くなった上に、耐火性能も高くなってので、本当にありがたかったです。

これからも、私たち家族にとって「良い情報」を教えてください!頼りにしてます!

 

 

担当者から感謝の一言

Sさま、いつもいろんな課題を与えていただき、ありがとうございます。携帯料金の見直しだけでなく、スマホの設定や、プロバイダ、パソコンの設定まで幅広くお手伝いさせていただいてます。火災保険については、間に合って本当によかったと思います。長い目で見ると、「省令準耐火」にしたことによる保険料の節減効果はどんどん大きくなります。こだわりの木のぬくもりが感じられるお家に、これから30年以上は住むと思います。その大事な家に「燃えにくい」という付加価値を付けられて、家族にとってはとても大きな「安心感」を得られたのではないかと思います。

これからも、大切なお家で、いっぱい思い出を作ってください!

損保ジャパン日本興亜ご契約者様用マイページ