089-927-6688お電話受付時間
9:00~19:00
土日祝も営業中!

こんな時
保険を
見直そう

結婚する

“結婚する

共働き家庭の場合

●夢や憧れの結婚生活

夢や憧れであった結婚が決まったとき、2人はとても幸せな気分に包まれたのではないのでしょうか。これから始まる結婚生活に思いを馳せ、両家へのご挨拶、結納、結婚式の準備、新婚旅行、新居への引越等、考えるだけでとても幸せな気分になることでしょう。それと同時に、一つ一つのイベントに多くの費用がかかることも実感することになります。

●人生の三大資金?

これからの人生、夫婦にはさまざまなイベントが待ち受けています。イベントには当然費用がかかり、人生の三大資金である「住宅資金」「教育資金」「老後資金」をはじめ、車の購入費、医療費、介護費用等さまざまな資金が必要となってきます。一度、ご夫婦で将来の夢や希望を語り合い、ライフイベント表を作成してみるといいかもしれません。ファイナンシャルプランナーに相談すると、ライフイベント表の作成や、それに伴うお金の流れがわかるキャッシュフロー表の作成も手伝ってもらえますので、ぜひご活用ください。

●家計の管理

新居に引っ越した後は、家賃、水道光熱費、通信費、交通費、食費、交際費、保険料、税金、貯金等日々の家計管理が始まります。2人の収入と貯金の確認、想定される支出の把握、どちらが管理を行うかを決定する、こういったことからスタートしていくことになります。最近は家計簿管理をサポートしてくれるアプリも登場していて、レシートを読み取るだけで仕分けをしてくれたり、銀行口座やクレジットカード、電子マネー等の情報を登録することで自動的に記録・仕分けをしてくれるアプリもあります。常時夫婦で同じ情報を共有できますので、家計簿アプリでの管理はおすすめです。家計簿の作成方法や家計簿アプリの活用方法も、ファイナンシャルプランナーは精通していますので、お気軽にご相談ください。

以下では、家計の支出において大きな割合を占める「保険」について見ていきます。

 

●お互いの保険内容を夫婦でいっしょに確認する

結婚したら夫婦はお互いに、自分たちの家庭や生活を守る責任が発生します。もしものことが起こったときに、残された家族の生活を守る責任は、夫・妻、両方にあります。
そのため、生命保険を考えるときは、夫婦でいっしょに考えることが大切です。お互いが加入している保険内容を知らないままでいると、必要な保障が不足している、または、無駄な保障があることや、せっかく保険加入しているのにそれを配偶者が知らずに、給付金や保険金を受け取れないということもありえます。まずはお互いの保険の内容を、夫婦いっしょに確認し合うことから始めましょう。

●長期的展望をもった予算を考えましょう

今後、出産や育児に伴って、妻が一定期間働けない可能性があります。また、お子さまの成長に伴い学費や課外活動費等、出費が増えることも予想されますので、先を見据えた保険の予算立てをしましょう。特に貯蓄性のある保険は、途中で解約すると損をしますので、先々のことも考えて、長期的に支払いが継続できるようなバランスを取ることが大切といえます。

●共働き夫婦の死亡保障は、夫だけでなく妻の保障も重要です

共稼ぎ夫婦の場合は、夫だけでなく妻の死亡保障もしっかり確保しましょう。死亡保障を考えるとき、実際に必要となる金額(残された家族の生活や学費など)の合計から、社会保険等でカバーされる公的保障を差し引くことで、正しい必要保障額を算出することができます。これを夫・妻ともに算出する必要があります。
万一のときに、残された遺族の生活保障に関する公的保障とは「遺族年金」です。遺族年金は、加入中の公的年金の種類等によって受け取る内容が異なりますので、それぞれの職業や社会保険の内容、収入額などに基づいて、必要保障額をきちんと計算することが重要です。

●死亡保障は目的別に備えよう

夫婦が若く子供がいないうちは、夫婦ともに大きな死亡保障は不要です。しかし、近い将来子供が欲しいと考えているようであれば、保険料が安い若いうちに高額保障を確保しておくのもひとつのコツです。
なるべく安く高額の保障を確保するには、保険料が安い掛け捨ての保険商品を選択することがポイントです。「定期保険」や「収入保障保険」などが、これにあたります。
予算に余裕があるでしたら、貯蓄性のある一生涯保障の「終身保険」なども併せて検討されるといいでしょう。このように、死亡保障は「家族のためのもの」と「自分の老後のためのもの」を分けて準備することで、効率良く準備することができます。

●それぞれに合った夫婦の医療保障

夫婦の医療保障は、年齢に応じた備えと保障の見直しが大切です。夫の医療保障は、入院時にかかる費用をカバーできるよう、入院日額10,000円程度の医療保険をおすすめします。また、30歳以上になったら、生活習慣病やがんなどの備えも追加していきましょう。
女性の場合は、妊娠や出産に備えて、女性特有の疾病をカバーする医療保険を準備しておくと安心です。妊娠中や出産直後は加入できない場合がありますので、なるべく早いうちから準備しておきましょう。乳がん等や子宮頸がんに対する保障も大切です。保険に入って安心、ではなく、日頃から検診を受診する等、健康に関心を持つことも大切なことです。

 

どちらか片方だけが働く場合

●夢や憧れの結婚生活

夢や憧れであった結婚が決まったとき、2人はとても幸せな気分に包まれたのではないのでしょうか。これから始まる結婚生活に思いを馳せ、両家へのご挨拶、結納、結婚式の準備、新婚旅行、新居への引越等、考えるだけでとても幸せな気分になることでしょう。それと同時に、一つ一つのイベントに多くの費用がかかることも実感することになります。

●人生の三大資金?

これからの人生、夫婦にはさまざまなイベントが待ち受けています。イベントには当然費用がかかり、人生の三大資金である「住宅資金」「教育資金」「老後資金」をはじめ、車の購入費、医療費、介護費用等さまざまな資金が必要となってきます。一度、ご夫婦で将来の夢や希望を語り合い、ライフイベント表を作成してみるといいかもしれません。ファイナンシャルプランナーに相談すると、ライフイベント表の作成や、それに伴うお金の流れがわかるキャッシュフロー表の作成も手伝ってもらえますので、ぜひご活用ください。

●家計の管理

新居に引っ越した後は、家賃、水道光熱費、通信費、交通費、食費、交際費、保険料、税金、貯金等日々の家計管理が始まります。2人の収入と貯金の確認、想定される支出の把握、どちらが管理を行うかを決定する、こういったことからスタートしていくことになります。最近は家計簿管理をサポートしてくれるアプリも登場していて、レシートを読み取るだけで仕分けをしてくれたり、銀行口座やクレジットカード、電子マネー等の情報を登録することで自動的に記録・仕分けをしてくれるアプリもあります。常時夫婦で同じ情報を共有できますので、家計簿アプリでの管理はおすすめです。家計簿の作成方法や家計簿アプリの活用方法も、ファイナンシャルプランナーは精通していますので、お気軽にご相談ください。

 

以下では、家計の支出において大きな割合を占める「保険」について見ていきます。

 

●お互いの保険内容を夫婦で一緒に確認する

結婚したら夫婦はお互いに、自分たちの家庭や生活を守る責任が発生します。もしものことが起こったときに、残された家族の生活を守る責任は、夫・妻、両方にあります。そのため、生命保険を考えるときは、夫婦でいっしょに考えることが大切です。お互いが加入している保険内容を知らないままでいると、必要な保障が不足している、または、無駄な保障があることや、せっかく保険加入しているのにそれを配偶者が知らずに、給付金や保険金を受け取れないということもありえます。まずはお互いの保険の内容を、夫婦でいっしょに確認し合うことから始めましょう。

●家計全体を見ながら、予算立てを上手に

生命保険を考える前に、毎月、家計の中からどのぐらいの予算を保険に回せるか、を考えておくことが大切です。万全な保障を用意したいのはやまやまですが、保険料が家計を圧迫しすぎるようでは、本末転倒となります。今の生活を守り、さらに幸せな将来に向かうためのお金の使い方を、夫婦でいっしょに夢や目標を語り合いながら考えてみましょう。保険以外の家計全体も考えてみると効果的です。

●大黒柱に万全な備えを

死亡保障を考えるとき、実際に必要となる金額(残された家族の生活や学費など)の合計から、社会保険等でカバーされる公的保障を差し引くことで、正しい必要保障額を算出することができます。万一のときに、残された遺族の生活保障に関する公的保障とは「遺族年金」です。遺族年金は、加入中の公的年金の種類等によって受け取る内容が異なりますので、それぞれの職業や社会保険の内容、収入額などに基づいて、必要保障額をきちんと計算することが重要です。

●専業主婦も実は備えておきたい死亡保障!

夫婦が若く子供がいないうちは、夫婦ともに大きな死亡保障は不要です。しかし、近い将来子供が欲しいと考えているようであれば、保険料が安い若いうちに高額保障を確保しておくのもひとつのコツです。
なるべく安く高額の保障を確保するには、保険料が安い掛け捨ての保険商品を選択することがポイントです。「定期保険」や「収入保障保険」などが、これにあたります。予算に余裕があるようでしたら、貯蓄性のある一生涯保障の「終身保険」なども併せて検討されるといいでしょう。
また、専業主婦は収入がないので、「死亡保障は不要では?」という意見もあります。子供がいる家庭で妻に万一のことが起きたとき、夫が子育てのために転職や退職をしたという事例もありますので、専業主婦の場合も、ある程度の死亡保障を確保しておいたほうがいい場合があります。

●それぞれに合った夫婦の医療保障

夫婦の医療保障は、年齢に応じた備えと保障の見直しが大切です。夫の医療保障は、入院時にかかる費用をカバーできるよう、入院日額10,000円程度の医療保険をおすすめします。また、30歳以上になったら、生活習慣病やがんなどの備えも追加していきましょう。
女性の場合は、妊娠や出産に備えて、女性特有の疾病をカバーする医療保険を準備しておくと安心です。妊娠中や出産直後は加入できない場合がありますので、なるべく早いうちから準備しておきましょう。乳がん等や子宮頸がんに対する保障も大切です。保険に入って安心、ではなく、日頃から検診を受診する等、健康に関心を持つことも大切なことです。

FPに無料相談を依頼するFPの相談可能時間が確認でき、
そのまま予約できます。

FP無料相談Web予約はこちら

損保ジャパン日本興亜ご契約者様用マイページ